津山銘木有馬店

文字サイズ:  

屋久島のなりたち

火山活動によってできた島

屋久島は、火山活動によってできました。
海の底の地殻が盛り上がり、海から顔を出し島になりました。
地殻変動は、今から1300万年前に起こったと考えられています。

屋久島

盛り上がった花崗岩でできているため、土の層は厚くありません。
土が浅く根が張れず、植物は成長に時間がかかりました。

幾多数多の植生群

屋久島は、九州の南端にある大隅(おおすみ)半島から、60km南西にいったところにあります。おおきさは、直径30kmです。東京23区よりもちいさな島です。
が、屋久島には北海道から九州まで、日本の植生すべてが凝縮されています。
屋久島が世界遺産に登録された理由は、実は屋久杉ではなく、植物多様性のためです。
大正時代にアメリカ人のアーネスト・ヘンリー・ウィルソン博士が植生の調査のために屋久島に訪れています。
屋久島は縄文杉が有名ですが、実際に足をはこぶと
山全体から豊富な植物の独特な雰囲気を実感することができます。

屋久島の屋久杉