津山銘木有馬店 ~公式ブログ~

文字サイズ:  

屋久杉の樹齢を「歴史」と重ねてみると

屋久島に自生し、樹齢1000年を超える杉を屋久杉と呼びます。
いわゆる杉は樹齢が長くても500年と言われますが
屋久杉は樹齢1000年を超え、2000年、3000年級のものもあります。
ものすごく長寿の木です。

学校で習った「日本史」の中で考えてみると、
樹齢1000年の屋久杉は西暦1014年の平安時代に生まれています。
貴族は和歌を詠んだり、雅楽を聴いたり、優雅な暮らしをしていました。
10円玉に刻まれている平等院が建てられたのも平安時代です。
(屋久杉:0歳)

半分の月日が過ぎると戦国時代になります。
全国の武将たちが天下統一を目指して、戦闘を繰り返しました。
(屋久杉:500歳)

戦国武将と屋久杉

歴史と重ねてみると、その長さが実感できます。

ではなぜ、屋久杉はこのような樹齢を重ねることができたのでしょうか?
そこにはこういった背景がありました。
http://www.tuyamameiboku-arima.jp/blog/reasontoaliveover1000/


プロフィール

津山銘木有馬店 芦田俊一
1984年生まれ

インターネットを使って銘木業界を盛り上げたい。そのために奮闘しています。これからの時代、より大切になってくる”自分の価値観”を思いださせてくれる、天然木製品を世の中に広めていきたいと思っています。


<メール・RSS・ソーシャルメディアリンク>

最新の記事

天然木製品

カテゴリ

アーカイブ

リンク