津山銘木有馬店

文字サイズ:  

漆の何がいいの?わたしが漆に興味を持ったきっかけとは。

blog20131102-1

わたしが、漆に興味を持ったきっかけは、
艶の見え方が違う!他の塗装と比べて。
と、感じたのが原因でした。

どう違うかというと、
見え方が、単純に「綺麗」でした。
見るとふっと、心に伝わるようなものがありました。

「光の強さ」だけでなく「光り方」にも違いがあるものなんだと気づきました。
漆塗りをもっと知りたいと思うようになったのはそれからです。

・・・

それから数ヵ月後、
いま、わたしは、漆を使った新製品の開発に取り組んでいます。

漆を好きな方は、どんなふうに漆が好きなんだろう?
漆が好きな人には、漆器がどんな風に見えるんだろう?

「和楽」という雑誌で赤木明登という漆作家の方と漆についての特集がある
と聞いたので、読んでみました。

そこで直感的に思いました。

漆ファンの方は
「自然塗料」「歴史がある」「崇高である」
という点に加え、

「普通である」

という点に惹かれているようだ。

「日常使い出来る、上質な器。」

背伸びしない・無理しない・普通であること

希少である・手仕事である・歴史がある

ということのバランス感が
漆の魅力を引き立てているのかもしれないと、

そんなふうに思いました。

blog20131102-1.jp2


プロフィール

津山銘木有馬店

これからの時代、より大切になってくる“自分の価値観”を思いださせてくれる、天然木製品を世の中に広めていきたいと思っています。


最新の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク